浮気・不倫問題全般

別居中の浮気調査でクロ!慰謝料請求ができる場合、できない場合

更新日:

離婚が決まっているわけでもないのに、別居中の夫が浮気していた、、、

こういう話は実はよくあることです。

どういう形であれ夫婦のパートナーに浮気されるのは許せるものではなく、離婚や慰謝料請求まで考えたいですよね?

ですが「別居中の浮気」は同居中と比べていろんな面でちょっと違いがあるんです。

そこで、このページでは以下の点について解説をし、十分な事前情報を得て安心して浮気調査ができるようにナビゲートさせていただこうと思います!
探偵まい

このページでわかること

  • あなたの場合は、パートナーから慰謝料が取れるか?
  • 慰謝料が取れるならその相場はどれくらい?
  • 「別居中の浮気調査」を相談、依頼すべきおすすめの探偵はどういうところなのか?

【3冠達成】原一探偵事務所・公式サイトをチェック

※相談は無料なので(契約するまでお金はかかりません)ご安心くださいね。

こちらも要チェック ⇒ 原一探偵事務所の料金、口コミ・評判を徹底調査!

夫婦関係が壊れていない状態での別居中の浮気なら慰謝料の対象になる!

夫婦としては仲がいい、もしくは仲が良いわけではないが夫婦としては成立している。

こういった状態であれば、別居中にされた浮気は不貞行為になり、あなたに慰謝料請求や離婚を求める権利が生じます。

ですから浮気の兆候が見られるなら積極的に浮気調査をして証拠を固めたほうが良いんです。

※離婚や慰謝料請求をする気がないにしても、しらばっくれられないためにも証拠は絶対必要とお考えくださいね!

尚、これに該当するケースとしては、特に以下の3つが多いです。

あなたの場合はどうでしょうか?

慰謝料が取れる「別居中の浮気」はこんなケース

  • 単身赴任による別居中の浮気
  • 夫婦再構築のためにした前向きな別居中にされた浮気
  • 激務による別マンションを借りての別居⇒浮気

単身赴任による別居中の浮気

夫婦ラブラブであっても、単身赴任で夫が地方に行き、そこで浮気に至るケースは非常に多いです。

旦那さんは独り暮らしに戻ったような気楽さ、そして性欲を満たしたい気持ちが相まって浮気しやすくなるんですよね。

男性として魅力的であれば、浮気相手も近くに奥さんがいないことを良いことに何でもし放題。

浮気・不倫の典型的なパータンと言えますし、事実なら離婚&慰謝料請求が可能です。

参考ページ: 単身赴任での浮気率はエグい!浮気旦那を見破るチェック項目とは?

夫婦再構築のための前向きな別居だったのに浮気

元々夫婦仲が悪くなって、でも即離婚という形を取る前に別居という選択肢を挟む方も多いですよね。

特にお子さんがいて今後を慎重に考えたい場合や、仕事が忙しいからまずは別居して冷静になって考えよう、、、そんなケースはよく聞きます。

ですが仲直りを目標にした別居であっても、離れて生活してしまえばそれがきっかけで浮気が始まりやすくなってしまいます。

お互いに連絡は取りあって、夫婦として成立している状態ならば、ここでの浮気も不貞行為=慰謝料の対象になってきます。

激務による別マンション(=仕事場)を借りての別居

自営業者や会社経営者だと、忙しくて家に帰る時間がもったいない!という理由で一時的な別居(というか帰宅しないだけ)をすることもありますよね。

当然ながらこのケースでも夫婦仲は破綻していないはずですから、浮気が発覚すれば慰謝料請求の対象になります。

それに忙しい自営業者、会社経営者は儲かっていて年収も高い傾向にあります。

別居してしまうとついつい他の女(男)と不倫関係になってしまうのは必然かも知れません。

では続いて、浮気なのに慰謝料が取れない場合について解説をしていきますね!
探偵まい

慰謝料の対象にならない浮気=夫婦関係が破綻済み

別居している旦那さんや奥さんが浮気していても、もし婚姻関係(夫婦関係)が破綻していれば、それは浮気とは認められないことが多いです。

つまり、大前提として夫婦の関係性が今どうなのか?が重要となるわけですね!

慰謝料もらって離婚したいから「それ、浮気よ!お金よこしなさい!」は通用するわけではない!ということを知っておきましょう。

こんな状態の別居なら、浮気されても慰謝料は取れない!

・夫婦仲が悪くて別居、その期間も長い
・離婚を前提に別居している
・DV、暴力が原因で別居している
・どちらか片方が愛想を尽かして出て行った場合

夫婦仲が悪くて別居、その期間も長い

毎日喧嘩が絶えず、一緒にいることが限界!ということで始めた別居。

その後仲直りの機会もなく、特に連絡も頻繁に取っていない状態が続いているなら、その中で生まれた浮気は不貞行為にはなりにくいです。

ちょっと判断として難しい部分はありますが、客観的に見て「夫婦として成立しているか?」がポイントになりますね。

離婚裁判では、1つの目安として5年の別居で婚姻関係が破綻とみなすことが多いようです。

但し別居に至る背景も考慮されますから、必ずしも別居後の5年以内の浮気=不貞行為になる!とも言い切れません。

離婚を前提に別居している

お互いの顔を見るのも嫌で、離婚の話を進めましょう!ということで別居をスタート。

こういう認識があった上での別居中の浮気も不貞行為にはなりません。

離婚するつもりの旦那、妻なら、浮気されてももはや心情的には何も傷は負わないですからね(^^;)

※但しこのケースでも別居後すぐの浮気であれば、計画的な別居として不貞行為認定がされる可能性もあります。

DV、暴力が原因で別居している

例えば旦那さんが奥さんに暴力を振るって、それから逃げるために別居が始まったとしましょう。

奥さんはDV夫がいる家には帰れませんし、心身ともに傷を負っています。

そんな時に好きな男性が出来て恋愛し、肉体関係を持ってもこれは慰謝料請求の対象にはなりにくいです。

そもそも別居の原因を作ったのは旦那さんですし、DVは立派な離婚の原因にもなりますからね。

どちらか片方が愛想を尽かして出て行った場合

何がきっかけかはさておき、もう一緒には住めないと片方が家を出ていった場合。

これもその別居期間によりますが、長期間ろくに連絡も取ってない関係性になっていれば浮気しても不貞行為にはなりにくいです。

但し完全には婚姻関係が破綻しているわけではありませんし、絶対に慰謝料支払いの対象にならないかと言えば断言はできないところですね。

上記のような別居スタイルであるならば浮気調査をしてもあまり意味はありません。

ですが、例外として以下のようなケースも多いからこそ、調査&浮気の始まり期間を調べてもらうことが有効になってくるんです…
探偵まい

別居前から続いていた浮気なら、今の状態に関係なく慰謝料の対象に!

夫婦関係が破綻し、一緒に居るのが不快だから始めた別居。

当然、近い将来には離婚は避けられないという認識が二人にはあるでしょう。

この環境下でどちらかが浮気をしても、それは法律上の不貞関係にはなりません。

だって、事実上の夫婦関係はもう壊れているわけです。

でも!!!!

もしその浮気が別居前からこっそり続けられているものだったらどうでしょうか。

浮気・不倫相手と本気になり、今の夫婦関係も解消したいからそういう流れに持っていった!という事例はけっこう存在します。

俗にいう「計画的別居」というやつですね。

こういった事実があったのに、何も知らずに離婚するようではあなたが一番損をしてしまいます。

仮に夫婦関係がほぼ破綻状態にあったとしても、パートナーの浮気が怪しい以上はこういう可能性も考えて浮気調査はしておくに越したことはないんですね!

離婚する場合の慰謝料と、しない場合の慰謝料

ではここからは、みなさん興味津々の慰謝料相場のお話に入ります!
探偵まい

別居中のパートナーとは言え、浮気=裏切り行為ですから、そこに対しての損害金は慰謝料としてきっちりもらいたいですよね。

でもこれもよく聞くことですが、思った以上に慰謝料って高くありません。

場合によっては「私の被った精神的損害ってこんな安いの!?」と逆に驚くこともよくあります。

慰謝料の金額はいろんなことの総合判断にはなりますが、ざっくり言えば以下の2パターンで大きく分かれることになります。

離婚になってしまった場合は100~300万円くらい

この慰謝料の金額なんですが、別居中だろうと同居中だろうと変わらないものになります。

大前提として(別居していても)夫婦関係は破綻しておらず、浮気した側に責任があって離婚になればこれくらいが慰謝料の相場になってきます。

またあくまで相場ですから、実際には100万円を切ることもあります。

離婚せず、なら100万円以下が相場

離婚まではしないなら、これはその先に夫婦関係の再構築が前提としてあるわけです。

今後は仲良くやっている夫婦のパートナーに多額の慰謝料を払わせても仕方がないですし、離婚となるよりも安くなるのは何となく納得できるでしょうか。

またこの離婚しないケースでは、浮気相手に慰謝料を請求するケースも多いですね!

【注意】慰謝料の二重取りはできません!

浮気された奥さんの立場からしたら、離婚になったら慰謝料を旦那からも、そしてその浮気相手からも取ってやりたい!と思うのが普通です。

復讐の意味合いもあるし、女性が社会で一人で生きていくのは大変ですからね。

ですが旦那とその不倫女のどちらからも慰謝料を取ることはできないようになっています。

慰謝料はあくまでも「あなたが受けた精神的苦痛、損害に対しての補償」ですから、二人から取れるだけ取るというのはできない仕組みになっているんですね。

まとめ:離婚を前提とした別居でない限りは浮気調査をしたほうが良い

別居中の夫婦の関係
1、破綻していない2、既に破綻、
もしくは離婚前提
浮気したら・・・不貞行為になる!不貞行為にはならない
慰謝料は取れる?取れる!
取れない!

※但し、例外あり

上記がこのページのまとめになり、1に該当するならば積極的に探偵を使って浮気調査はすべきです。

と同時に、もし2の離婚前提の別居だったとしても、その前から続く浮気であればそれも不貞行為として慰謝料を取れる可能性が高いです。

(これが、上記表の例外ありと記載した部分です)

そのため、2の場合であっても浮気調査をしておくことのメリットは実はちゃんとあるんですね!

証拠があれば夫婦再構築も、離婚・慰謝料請求も有利になる

あなたがパートナーの浮気・不倫を疑っても、証拠がなければ話になりません。

浮気を認めたら許してあげよう、、、と思っていても、決定的な証拠がなければ否定されるのが落ち。

そうなると余計に不信感が募りますし、結果として不利な条件での離婚(慰謝料が取れない)になる可能性も大きくなるんですね。

それに対して証拠さえしっかり確保しておけば、事実を認めて心から反省してくれるはず。

再構築が望みなら、それも可能になるかも知れないんです。

そして再構築が不可能だとしても、浮気の事実は揺るがないので「あなたにベストなタイミングで」「慰謝料も受け取って」離婚ができます。

逆に言えば、浮気問題においては取れるはずの証拠を取らないとデメリット、リスクはかなり大きくなってしまうとも言えますね!

浮気の事実に目を背けないで!

パートナーの浮気は嫌だけど、その事実を知るのが怖いというお気持ちもあるでしょう…でもそこから逃げると、この先絶対に幸せにはなれません。

浮気の証拠を掴めばその後3年間は慰謝料請求で効力を発揮できますし、関係再構築・復縁したい場合でも、浮気の事実をしっかり認めさせるところからがスタートになります。

まずは証拠を掴んで今後取れる選択肢を広げておくことが大事なんですね。

あなたの幸せを願ったメッセージと共に、浮気に白黒つけることの重要性をこちらでまとめていますので、以下のページはしっかり読んでみてください…

重要:浮気調査で旦那、嫁の浮気に白黒付ける!事実を知ってしまうのが怖い方へ

通常(同居の場合)と比較した浮気調査との違い

別居しているパートナーは基本的に行動の自由度が高く、行動パターンを把握されていないことが多いです。

これは浮気調査を始めるに当たってはちょっと不利な条件になり得ることもあります。

依頼を受けた探偵側も最初の情報量が少なく、日々の行動を把握するための尾行からスタートしないといけないからです。

ですが逆に言えば、自宅に浮気相手を連れ込む可能性も高いので、自宅さえ張っておけば簡単に数日で証拠写真が撮れる可能性もあるんですね!

※浮気における絶対的な証拠は、ホテルへの出入りや家に泊まったことが証明できる写真が一番です。

そのため、どちらが良いか悪いかはケースバイケースとなり、判断としては難しいところ。

最終的な調査料も、高めに出る場合もあれば、安く済む場合もどちらも考えられます。

但し、どちらに転んでも浮気が事実なら慰謝料と相殺、もしくはお釣りがくる場合も多いですからあまり心配する必要はありません。

探偵まい
それよりもまずは有力な探偵に相談し、見積もりを出してもらってからの判断が重要ですね!

最初の一歩を踏み出す勇気、行動力があなたの将来を良い方向に変えてくれます!

別居中の浮気調査ならこの探偵を使おう!

別居中のパートナーは行動範囲が読めない分、いろんな行動方法に対応できないといけません。

例えば尾行用の車を複数台持っているとか、バレないようにいろんな人員を使えるなど。

でもこれができるのはある程度の大手の探偵社に限られるんですよね。

それに地方での調査となると尚更その差も出やすいです。

また大手で名の知れた探偵なら料金体系もしっかりしており、悪徳の要素が一切ないのも安心ポイントです。

離婚や慰謝料問題で揉めた場合には弁護士の紹介もしれくれますし、最後まで安心して使える!というのは絶対に外してはいけない部分でしょう。

そういった点を考慮し、別居中の浮気調査におすすめなのがこちらの探偵社。

知名度も実績も抜群ですし、見積もり⇒契約までお金はかからないのでぜひ相談から始めてみることをおすすめ致します!

相談時にはこれも伝えておきたい!聞いておきたい!

  • 別居理由やその期間、感じている浮気の兆候
  • 別居中の浮気、不倫の調査って実際多いの?難しいの?
  • 今後の打ち合わせや調査開始までの流れ

原一探偵事務所

原一探偵事務所

テレビ番組でも有名な原一。
調査力に圧倒的な自信の大手探偵社

ポイント

  • 諸経費全ての込みの見積もりで追加料金一切なし
  • 各局の有名テレビ番組でも調査能力の高さを実証済み!
  • 探偵20年以上のベテラン調査員が多数在籍
  • 全国に直営の18拠点!だから利用しやすい
  • 100台以上の車両で、地方での調査にも信頼
浮気調査料金対応可能エリア実績
1日8万円~(諸経費全て込み!)
※契約後の追加料金なし
全国対応(直営18拠点)解決実績
110,000件以上

※相談室のあるエリア:札幌、仙台、水戸、川越、大宮、横浜、東京(日本橋、新宿)、静岡、高崎、名古屋、大阪、神戸、岡山、広島、松山、福岡

HAL探偵社

HAL探偵社

料金は調査終了後の後払い制
費用を他社の約半分にまでカット!

ポイント

  • 調査料金は1時間6,000円~と最安水準を実現
  • 出張費も0円で全国に対応
  • 安心の料金後払い制を導入
  • 弁護士、浮気・離婚の専門家、警察OBと連携
浮気調査料金対応可能エリア実績
1時間6,000円~
※契約後の追加料金なし
全国対応(16拠点)解決実績
34,000件以上

※相談室のあるエリア:東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知、大阪、兵庫、京都、広島、福岡

MR探偵社

ケアの厚さが強み!安心してご相談を。
(NPO法人日本家族問題相談連盟公認のカウンセラーが対応)

ポイント

  • 楽天リサーチ弁護士が選ぶ探偵事務所第1位
  • 相談しやすいよう女性による担当カウンセラー制度※男性専用カウンセラーチームもある
  • ケアが厚く、証拠の使い方・メンタル・夫婦のやり直しまでサポート
  • 業界団体の理事・支部長、警察OBと連携
浮気調査料金対応可能エリア実績
1時間20,000円~
※最大5名(契約後の追加料金なし)
全国対応(13拠点)年間相談実績
15,000件以上

※相談室のあるエリア:東京、神奈川、千葉、埼玉、宮城、愛知、大阪、福岡

探偵選びのわずらわしさを一瞬で解説したいなら!

探偵さがしのタントくん

探偵さがしのタントくん

ぴったりの探偵を紹介してくれる仲介サイト(もちろん無料、匿名OK)!

ポイント

  • あなたの希望にマッチした探偵社を紹介してもらえる!
  • 必要なのはメールアドレスと電話番号だけ
  • 審査に合格した優良の探偵事務所だけが候補になっているから安心!
  • 契約するまで探偵事務所に個人情報は一切漏れず!
  • 探偵の比較が面倒、わかりにくいという方にピッタリ

-浮気・不倫問題全般

Copyright© 旦那、嫁の浮気調査ガイド!おすすめ探偵社と証拠集めのイロハ , 2019 All Rights Reserved.