旦那(夫)の浮気

旦那の浮気相手にメールやラインはOK?実例と注意点の紹介

更新日:

旦那のスマホやパソコンから限りなく黒に近い浮気の証拠が見つかり、妻として直接メールやラインを送る場合。

はやる気持ちや怒りはわかりますが、やるのであればかなり慎重に考えてからのほうがいいです。

というか、当サイトとしては旦那の浮気相手にメールやラインを送信するのは止めたほうがいい!というのが結論。

その理由や、旦那・浮気相手を確実に追い込むためのよりおすすめの方法も併せてご紹介していきます。
探偵まい

毎月2,000人が登録する街角相談所 公式サイトへ

※危険度1~6まで!どれに該当してる?

こちらも要チェック ⇒ 街角相談所の探偵が4割も安い&口コミ・評判が良い理由

実際に旦那の浮気相手にメール、ラインした実例紹介

それではまず、実際に旦那さんの浮気が発覚し、相手に直接メールやラインを送った経験がある方の体験談をご紹介したいと思います。

基本的にはみなさん、旦那さんが浮気を認めた上でのメッセージ送信というケースになります。

浮気相手に奥さんがメールやラインをした実例紹介

  • 浮気相手にLINEを送り、不倫関係が明確に!その後、離婚(そらのさん・39歳)
  • 15歳も年上の旦那が浮気したクラブホステルに妻からメール!⇒仮面夫婦を続行(さゆさん・30歳)
  • たまたま見た夫の携帯に女の影!旦那を装ってメール返信(まきこさん・33歳)
  • 旦那が独身と騙して浮気したいた相手にLINEを送信!(マヤさん・33歳)

浮気相手にLINEを送り、不倫関係が明確に!その後、離婚(そらのさん・39歳)

こちらの方の場合、送ったLINEの文章内に脅しも一部入っていたようですのでけっこうリスキーな例になりますね(-_-;)

浮気発覚前の夫婦関係はあまりよくありませんでした。

私自身も仕事が忙しく旅行好きの夫から旅行に誘われても、「仕事で連休を取る事が出来ないから無理」と毎回断っていたんですね。

そのため夫が「友達を誘って沖縄旅行に行く事にした」と言われた時には、自分は旅行に行けないけれど、夫が我慢せずに旅行に行けるなら良かったと素直に思いました。

沖縄旅行は楽しかったみたいで、旅行中に沖縄のポストカードを送ってきたり、沖縄のお土産もたくさん買ってきてくれました。

ですが旅行の話を聞こうとすると、時々なんか様子がおかしくなる瞬間があります。

何だろう?と疑問に思って夫に「何か隠している事ない?」と尋ねると、罪悪感に耐え切れなくなったのか夫は自ら沖縄旅行は職場の同僚を行ったとカミングアウトしてきました。

よくよく話を聞くと職場の同僚とは、夫と同期で仲がいい女性社員で過去に夫に告白をした事があるとの事。

しかも沖縄旅行中のホテルは別の部屋ではなく、2人で同じ部屋に泊まったみたいです。

夫は「同じ部屋に泊まったけれどセックスはしていない」と言い張りました。

ですがいい歳をした男女でしかも女性が男性に恋愛感情を持っている状態で一緒に沖縄旅行までしている訳です。

これで同じ部屋に泊まって何もしてない訳がないと思い、相手の女性に直接ラインをしました。

「夫と沖縄旅行に行ったみたいですが、同じ部屋に泊まって何もなかったって本当ですか?返事次第では職場にバラすので本当の事を言って下さい」・・・こっちはほぼ100%黒だと思ってラインをしました。

その時点では職場に夫の不倫をバラすつもりはありませんでしたが、本当の事をいってもらうために職場にバラすと脅しました。

すると返信までに少し間がありましたが「すいません、不倫関係にありました」と相手の女性が認め謝罪。

沖縄旅行に行った事まで暴露したのに、最後に嘘をついて誤魔化そうとした夫に嫌気がさし、結局その不倫をきっかけに離婚しました。

15歳も年上の旦那が浮気したクラブホステルに妻からメール!⇒仮面夫婦を続行(さゆさん・30歳)

さゆさんが不倫女に送ったメールの文面

「初めまして。〇〇(夫)の妻です。この度、あなたと主人の関係を知り、私は夫に今後の選択肢を与えることにし、夫は私との結婚生活を選ぶことを決めました。私としてはどちらでも良いのですが、夫との関係を続けたい場合はその旨を教えて頂けませんでしょうか。宜しくお願い致します。」

さゆさんの浮気相手へのメール送信・体験談を読む
私と夫が出会ったのは「お見合い」でした。25歳の私の前に現れたのは、父の選んだ40歳の男性だったのです。

現代社会に珍しく我が家は結婚相手は親が決めるという決まりがあり、お相手の人柄を知る時間も無いままに結婚が決まりました。

いざ結婚生活が始まると、私と夫の会話は全て敬語で内容は必要事項のみの「The 仮面夫婦」でした。

とはいえ、私の両親や親戚もそんな感じだったので、辛いや苦しいといった負の感情はあまり沸かなかったのです。

そんなある日、洗濯カゴに入っていた夫のズボンのポケットをチェックしていると「また例のお店でお会いしましょう♡」と手書きで書かれたメモが入っていました。

絵に書いたような真面目な夫だったので、「女性からそんな手紙を渡されるなんて、、、!」と怒りより驚きが勝ったことを覚えています。

仕事から帰宅した夫にその事を問うた際のリアクションは今思い出しても笑ってしまいます。

嘘をつけない性格なので、飲んでいた麦茶を吹き出して真っ赤な顔で白状したのです。

なんでも、仕事の付き合いで訪れたクラブの女性と深い仲になってしまったようでした。

恋愛感情の薄いお見合い結婚だからか、私は努めて冷静にその関係は本気なのか火遊びなのか、今後はその女性と私のどちらと人生を歩むのかを問いました。

15歳も上の夫が涙を流しながら謝罪し、浮気相手とは縁を切ると嘆いているのは滑稽でした。

ナヨナヨと頼りない夫に不安を感じましたので、今後面倒なことにならないよう、浮気相手に私がメールを送ることとしました。

内容は

「初めまして。〇〇(夫)の妻です。この度、あなたと主人の関係を知り、本来なら夫から連絡するべきところ、妻から連絡することをお許しください。あなたとの浮気を知って、私は夫に今後の選択肢を与えることにし、夫は私との結婚生活を選ぶことを決めました。私としては、どちらでも良いのですが、今後モメることは面倒で避けたいです。なので、夫との関係を続けたい場合はその旨を教えて頂けませんでしょうか。宜しくお願い致します。」

このようなものでした。

浮気相手の女性は、水商売をしていて慣れていたのか「心中穏やかで無い中、ご連絡をくださりありがとうございます。また、ご主人との間違いを心からお詫びしたい気持ちでいっぱいです。お恥ずかしながら、仕事柄様々な既婚の男性と関係を持ちます。あなた様のご主人はその中の一人で、特別なものではありませんでした。今後が無い関係であることをお約束します。」

といった内容でした。

こんな一件があってもなお、以前の「The 仮面夫婦」の関係のまま淡々とした日々を送っております。

たまたま見た夫の携帯に女の影!旦那を装ってメール返信(まきこさん・33歳)

まきこさんが不倫女に送ったメールの文面

「既婚者とわかっていてこういった関係を続けれられているのであれば、不倫ということになりますので、慰謝料を請求させていただきますね。しっかりと全てのメールで証拠も保存させていただきましたので。今日をもって彼と縁をきり、関係を一切断つことをお約束いただけるのでしたら慰謝料請求は検討させていただきます。どうするおつもりでしょうか?10分以内にご返信ください。」

まきこさんの浮気相手へのメール送信・体験談を読む
私が25歳の時に、彼に出会い彼にベタボレ状態で結婚しました。

彼は子供が好きだったので子供が生まれてすごく子煩悩で夫婦仲も特に悪くなることもなく、これからも家庭円満に過ごしていくと思っていたはずだったのですが、ある日から二人の歯車が狂っていったのです。

彼は仕事がら朝が早く、夜も現場によっては遅くなったり、急に早く帰宅したりと時間が一定ではありませんでした。

時間がバラバラだということはお付き合いしている時から知っていたので、仕事が急に遅くなったり出張が入ったりしても特に疑いもしていなかったのですが、子供が生まれてからはずっと一人でする子育てにいっぱいいっぱいになって精神的に余裕がなくなっていました。

これまで仕事が遅くなったり、出張でも気にも止めなかったのですが、一人で子育てに家事に頑張っていることにストレスを感じ、何を思ったか旦那さんがお風呂に入っている時にたまたま来たメールを開いてみてしまいました。

今となっては女の勘が働いたのだと思います。

するとそこには、女からのメールだったのです。文面は「昨日はありがとう。遅くまでごめんね。大丈夫だった?」との文字が。

それだけならまだしも、その女の登録していた名前は○○建設と会社の名前で登録していたのです。

これは黒。真っ黒でした。彼がお風呂にはいっているので、好都合だと思い、彼女とのメールのやりとりを全て証拠として写メを撮り保存しました。

そして、彼になりすまし彼女にメールの返信をしました。

「大丈夫だったよ。今度いつ会える?」

すると即レスポンスがあり、「大丈夫だったらよかった。帰り遅かったから心配だったよ〜。早く会いたいね。次いつならいけそう?連続だと奥さんやばくない?」

はいこれは制裁決定です。「奥さんやばくない?」ということは既婚者とわかっていてやりとりしていたのです。

「どうもこんばんは。○○の妻です。先ほどのメールは私が彼になりすまして返信させていただきました。既婚者とわかっていてこういった関係を続けれられているのであれば、不倫ということになりますので、慰謝料を請求させていただきますね。しっかりと全てのメールで証拠も保存させていただきましたので。今日をもって彼と縁をきり、関係を一切断つことをお約束いただけるのでしたら慰謝料請求は検討させていただきます。どうするおつもりでしょうか?10分以内にご返信ください。」

するとそこから謝罪文がきました。

今後一切主人と関わらないと、連絡先も削除すると約束してもらいました。

その後、長時間に渡りお説教をし、誠意を見せるために携帯を変え、なんとか関係は再構築しました。

旦那が独身と騙して浮気したいた相手にLINEを送信!(マヤさん・33歳)

マヤこさんが不倫女に送ったLINEの文面

「〇〇の妻です。突然申し訳ありません。旦那と親しくされていた様ですが、既婚者とゆう事はご存知でしたか?」

マヤさんの浮気相手へのライン送信・体験談を読む
私と旦那は結婚して5年目になります。

子どもは居らず、周囲の人からも「仲が良いよね。」と、羨ましがられる程、夫婦関係は良好でした。

私達夫婦もそう思っており、お付き合いを始めてから今まで10年近く、喧嘩らしい喧嘩をした事はありませんでした。

ある日、仕事中の旦那から突然ラインがあり開いてみると、明らかに私宛では無い内容のメッセージでした。

内容は「〇〇ちゃん、今日の夜、会えるの楽しみにしてるね。」でした。

旦那はこの日「仕事で遅くなるから、夕飯はいらないよ。」と、私に言っていたのです。

普通の奥様ならラインの内容くらいで浮気は疑わないかもしれませんが、私は直ぐに浮気だと思いました。

先ず、私に仕事だと嘘を付いた事です。

やましいからに決まっております。

しかし浮気だと思った本当の決め手は、私の旦那は優しく温厚ですが、お付き合いをしている時から女癖が悪く、浮気をしておりました。

今回と同じく、いつも旦那がメッセージの誤送信で浮気が発覚しておりました。

私は浮気は「男なら多少は仕方ない」と、思っているので、いつも浮気が発覚しその場で浮気相手と別れて貰い、揉める事なく解決しておりました。

しかし今回は浮気では無く、不倫です。

「籍を入れてまでまだやるか。」と、ゆう思いがあり、今まで旦那を甘やかして来た自分に反省し、帰宅した旦那を問い詰めました。

浮気相手に私からラインする事を半ば無理やり了承させ、浮気相手にラインしました。

今でも忘れない内容は「〇〇の妻です。突然申し訳ありません。旦那と親しくされていた様ですが、既婚者とゆう事はご存知でしたか?」でした。

かなり相手に気を遣った内容だった理由は、今までの浮気は、大体旦那から女性に期待を持たせる事が多かった為です。

今回も女性が騙されたのでは無いかと考えました。

浮気相手からは直ぐに返信が有り、とゆうよりも態々電話を下さいました。

「結婚して居たとは知らなかった。本当にすみません。今後一切会わないし連絡も取らない。」と、ゆう内容でした。

私は「やっぱりな。」と思い、それ以上浮気相手を問い詰める事はしませんでしたし、むしろ旦那が騙した事について謝罪しました。

この時、初めて大喧嘩をしました。私が一方的に怒り、旦那は謝るのみ。

「今までは許して来たけど次は無い。」と言い、再構築しました。

浮気から2年程経ちますが、私の知る範囲で旦那は大人しくしております。

実例は以上になりますが、肉体関係があった、旦那がほぼ認めた、という状態であれば、奥さんが直接メールしてもそこまで問題は起きません。

ですが、浮気を確信できるだけの真っ黒な状況証拠がない場合や冷静さを失っている場合だと、あなたが不利になる場合もあるので気を付けてください!

それを以下で説明させていただきます。

あなたから直接メールやラインを送るリスク

夫の浮気相手の連絡先が分かる状態でも、あなたから直接メールやラインを送るのは止めたほうがいいです。

相手が素直に謝罪するなどうまくいくケースもありますが、逆に不発に終わった時のデメリットやリスクが大きすぎるんですね(-_-;)

もし以下のようなことになったら、あなたにとって不利な状況になってしまいますよ!

脅迫罪にあたる可能性

浮気をされた感情はお察ししますが、冷静さを欠いてまとめたメール文章はかなりトゲが含まれることが多いです。

メッセージ送信前は気が付かなくても、客観的に見たら相手への侮辱や脅迫に当たることも珍しくないのです。

もしそれで浮気相手が恐怖を感じて警察に駆け込むと、逆にあなたが加害者となり取り調べを受けたり、最悪は逮捕される可能性も無きにしもあらず。

確かに浮気はやってはいけない夫婦間での契約違反です。

ですがだからと言ってあなたが法律を侵すようなことになってはいけません。

結局はそのメールやラインの文面を相手がどう受け取るか?がポイントになるため、独断ではメッセージは送らないほうが無難なんですよね。

ポイント

こういったこと以外にも、ついついヒートアップして「やってはいけない違法行為」をしてしまう女性もいらっしゃいます。

相手の情報を得てしまうとなんでもできてしまいますが、浮気をバラしたりGPSの無断使用、別れさせ屋の利用なども絶対にしないようにしましょうね!

参考ページ:浮気相手(愛人)と旦那を別れさせる方法とやっちゃダメな違法行為

浮気相手が無視⇒そのまま何もなかったことに

メールを送っても夫の浮気相手が無視したり、既読スルー状態だったらどうでしょうか。

相手からの返信がない以上、もう何もできることはないですよね?

旦那さんを問い詰めることはできますが、「肉体関係はないし、ちょっと魔が差した」くらいの説明で終わるかも知れません。

実際、法的にも肉体関係(不貞行為)がなければ、浮気・不倫は認められません!

そして旦那さんと浮気相手で口裏を合わせる猶予も与えてしまうことになりかねませんし、はやり得策とは言い難いわけなんです。

こういう「言い逃れの隙」を与えてしまうことは一番やっちゃいけないことです。

感情的になるのはわかりますが、結果としてあなたが不利な状況になるだけ。

浮気の取り詰め方にはちゃんと定石があり、証拠の確保という下準備が全てを決めると思って間違いありません!

どうしても連絡したいなら浮気の証拠を確定してから!

どう考えてもクロに感じてしまう状況証拠があるなら、やはりあなたから連絡をしたい!という気持ちはわかります。

その気持ちが押さえらえないのであれば、少なくとも確実な不倫の証拠を確定させてから行動に移してください。

これは本当に絶対条件!と思っていただきたいですね。

動かぬ証拠を探偵を使って掴んでもらう

浮気相手にあなたが連絡する前に必要なのは「ぐうの音も出ない絶対的な証拠」になります。

これは二人の不貞行為がわかるもの、つまり「ラブホテルでの出入り写真」「浮気相手のマンションのお泊り写真」など。

これであれば絶対に言い逃れは出来ません。

(離婚調整、裁判でもまさにこういった証拠写真が判断のすべてになります。)

そして証拠写真を撮るには尾行&撮影が必要になるわけで、そのためにはプロの探偵に依頼する必要が出てきます。

ですが一度浮気調査を依頼すればあなたは家で報告を待つだけ!となりますので、調査費用以外の心配は特に出てこないはずですよ!

これで旦那も浮気相手も、即降参するしかない状況になる

浮気の証拠があれば、もう浮気相手は無視もできず、事実を認めて謝るしかなくなります。

仮に無視されたとしては、あなたは内容証明郵便で浮気の事実を慰謝料請求をすればいいだけです。

※条件に正式な謝罪を求めるなどもありですね!

片や旦那さんのほうも不倫を認めざるを得なくなりますし、復縁するにしても離婚するにしても、全てがあなた主導で進められるようになるわけです。

つまり、証拠が有る・無しは、浮気問題において0か100か!くらいの差があるというわけなんです。

浮気の事実に目を背けないで!

パートナーの浮気は嫌だけど、その事実を知るのが怖いというお気持ちもあるでしょう…でもそこから逃げると、この先絶対に幸せにはなれません。

浮気の証拠を掴めばその後3年間は慰謝料請求で効力を発揮できますし、関係再構築・復縁したい場合でも、浮気の事実をしっかり認めさせるところからがスタートになります。

まずは証拠を掴んで今後取れる選択肢を広げておくことが大事なんですね。

あなたの幸せを願ったメッセージと共に、浮気に白黒つけることの重要性をこちらでまとめていますので、以下のページはしっかり読んでみてください…

重要:浮気調査で旦那、嫁の浮気に白黒付ける!事実を知ってしまうのが怖い方へ

探偵社での浮気調査料金は慰謝料でもカバー可能!心配なし

それでは旦那さんの浮気相手に直接メールやラインを送る前に、不倫の証拠固めとして調査を相談して欲しい探偵をご紹介して終わりにしますね!

証拠が掴めたら冷静にもなりますし、メールを送るという選択肢は自然と消えるかも知れません。

その場合は、郵送(内容証明郵便)で浮気の事実と慰謝料請求をすればオッケー。

旦那さんに対しても、離婚か再構築か二人で話し合って決めるのがいいでしょうね。

尚、探偵に支払う浮気長料金なんですが、これは慰謝料でカバーできますのでそんなに心配はないかと思います。

一時的にあなたが最初に用立てる必要はありますが、最終的には浮気相手(慰謝料)や旦那に請求をし、ご自身の負担がない形で解決できることがほとんどですよ!

浮気に気が付いたら相手にメールする前にこの探偵社に相談を!

探偵事務所を選ぶなら、まずは全国展開しているレベルの大手で実績も十分なところが安心

大手の看板があるのでぼったりの心配はありませんし、料金体系も透明性があって事前打ち合わせや詳細な見積もりもしっかり行ってくれますよ!

また大手探偵社なら、慰謝料請求のための各種手続きを依頼できる弁護士の紹介もしてくれて手間が省けます。

とは言っても各社で提案内容は異なりますし、どこが自分にとってベストかを見極めるため、複数社に相談して比較検討をすればより良い浮気調査ができるはずです!

契約までお金がかかることは絶対にありませんから、まずは実際にメール・お電話でお悩みの浮気問題の相談をしてみてください!

相談時にはこれも伝えておきたい!聞いておきたい!

  • あなたが発見した浮気の状況証拠
  • 希望は離婚なのか?復縁なのか?そして慰謝料は取る?
  • 今後の打ち合わせや調査開始までの流れ

[3+machikado2]

-旦那(夫)の浮気

Copyright© 旦那、嫁の浮気調査ガイド!おすすめ探偵社と証拠集めのイロハ , 2019 All Rights Reserved.